不動産向け融資、バブル期並み=金融庁、地銀の監視強化

2015/12/03

融資

t f B! P L
なんとセンセーショナルな見出しでしょう。
こんな記事があったので、引用します。

-引用-
国内銀行の2014年度の新規貸し出しは10兆円を上回り、
バブル絶頂期の1989年度や
ミニバブルと言われた07年度の水準にほぼ並んだ。
--

銀行が破綻して、
その後の失われた20年とも言われる
不況のスタートにもなったバブル期と同じ水準。
と言われると、規模の大きさが感覚的にわかります。

そして、ミニバブル期とも同じ…。

…それって、今がバブルってことだろ!!
と思うのは私だけでしょうか?

モノの価値は環境に合わせて上下します。
バブルかどうかは置いといて、
今が上昇局面であることは確実でしょう。

上がったものは必ず下がります。
近い将来下がるのもまた事実なのでしょう。
こんな記事もありました。


さて、そんななか不動産投資、不動産事業に乗り出すことは
正しいのでしょうか…。

私はやり方次第ですが、
正しいと思います。

理由①
キャピタルゲイン狙いでなければ問題なし。

もちろん今買っても上がっている最中に売り抜けて、
全体のキャッシュフローがプラスならば、
それは正解だと思いますが、
現状はかなりリスクが高まっており、
今は手を出すべきではないと思います。

理由②
今昼飯キャッシュを生み出す仕組みを作ることで、
銀行融資が厳しくなった際にも買い進められる体力をつける。

まさにここが狙い目で、
銀行融資が出にくい時期は物件価格も下がり、
それはセール状態とも捉えられます。

そのときに買い足すことが出きるように、
今準備する事が重要だと思うのです。


皆さんはどうでしょうか。
私は5年後に不動産事業の成功者でいられるように、
今の事業を続けようと思います。



ランキングに参加しています。
もしよろしければ
クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

このブログを検索

カテゴリー【その他投資・副業】

他の不動産投資ブログへのリンク

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

初心者にも経験者にもオススメする"ジャンル別"不動産投資本 良書&名著2020

毎年大量に発行される不動産投資関連の本。 中には、率直に言ってあまりの内容のなさに驚くようなものもあります。 口コミで評価が高ければ間違いないだろうと思うかもしれませんが、口コミにはかなりヤラセも紛れ込んでいます…。 でも、非常に充実した...

人気の記事

QooQ