一級建築士と物件を見てきました

2017/12/24

購入検討

t f B! P L
楽街で見つけて、
その日のうちに買付を入れた物件を
一級建築士と一緒に見てきました。


物件の概要は以下の通りです。

  • エリア:北関東某県の県庁所在地市内
  • 特徴:ハウスメーカー施工で2棟一括
  • 築年数:約30年と約20年
  • 構造:軽量鉄骨
  • 現状入居率:約50%
  • 表面利回り:約14%


楽街で見つけた瞬間に
「スルガ銀行」で行ける
と思い、すぐ連絡を取りました。

なお、スルガ銀行の融資条件については、
以前紹介した以下の記事を
参照してください。
スルガ銀行が軽量鉄骨への融資を再開


ただ、融資については、
唯一空室率が気になりました。

ですが、スルガ銀行は最近になって
全国のアパマンショップと
提携した審査を行っており、
アパマンショップが満室に出来ると判断し、
そういった募集計画を作成することで、
融資審査を通すスキームがあります。

この物件は立地が良いので
そのアパマンショップスキームで
行けるだろうと考えました。


お陰様で一番手を確保し、
融資のあてもあったことから、
仲介の不動産会社は
売り止めにしてくれました。


融資審査依頼は出しつつ、
合わせて現地確認に行ってきました。

休みの日に節約のために高速バスを使って、
片道約2時間半の道程です。


現地確認には、
一級建築士の方に同席頂きました。

数千万円~億といった金額の買い物のため、
念には念を入れて、です。

今回も、例えば

  • 工事痕等を見て、元々は浄化槽だったが、後から下水に接続している。配管は敷地内にある。
  • 階段や廊下は、ステンレスや亜鉛メッキが施されており、錆の心配もなく、良い造り

といったことを、バンバン教えてくれます。

幸いに今回は悪いところがなかったので
こういった指摘のみですが、
他の物件では越境に気付いたり、
悪い点も見逃さずに指摘くれるので、
頼もしい限りです。


今回、見た限りだと、
建物自体の状態は非常に良好。

ただし、空いている部屋については、
  • キッチンのクッションフロアはほぼ全室貼り替え
  • 和室が二間もある部屋があるため、洋室化が必要
等々リフォームはそこそこ必要そうでした。

100万円を超えないくらいで済ませたいな
という感覚でした。

なんとか売り主に現況有姿で構わないので、
リフォーム費用分値下げしてもらい、
今の利回りを維持したいところです。

と言うか、それが購入条件になりそうです。


ちなみに、
帰りはターミナル駅から帰ったのですが、
お土産が充実していて買うのが楽しかったし、
家族からの評判も良かったです。

地方の都市部物件は初めてだったのですが、
これは行くのが楽しみになって良いですね。


また進捗があればご報告します。




■□■□■□■□■□
私と同じ不動産投資の素晴らしさを
感じることが出来る仲間を増やすため、
皆さんのお力に少しでもなれるように
個別相談をお受けしています。

ご興味ある方は以下のページを
ご確認ください。
「初心者のための不動産投資個別相談」(リンク)

私の話が少しでも皆さんのお役に立てたら
とても嬉しいです。
是非みんなで成功しましょう!



ランキングに参加しています。
もしよろしければ
クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

このブログを検索

カテゴリー【その他投資・副業】

他の不動産投資ブログへのリンク

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ

夜逃げdeゴミ屋敷

滞納が発生し、 電話も繋がらなくなったので、 管理会社が現地に行ってきました。 すると、なんと夜逃げの模様。 そして、その部屋はヒドいゴミ屋敷に!!

QooQ